>>1の妄想雑記帳

おチャクラ全開 悟りでGo!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ1/48 10式戦車 製作中

久々の更新です。
シン・ゴジラに登場して盛り上がっている10式戦車、タミヤ1/48MM初の現用MBTなんで当然買いました!
本当はPS4のWoTをやってソ連戦車が無性に作りたくなって積んでいた「IS-2」を作っていたんですが・・・

夏休みをフルに使って製作、すでに完成しているのですが製作内容を簡単にまとめました。
さすがタミヤ製、組み立ては簡単1日で形になります。大した合わせ目も出来ずピタッとパーツが収まります。
10式購入 10式組み立て完了

一部抜きの関係でディティールが省略されている箇所は伸ばしランナーを使って再現しました。結構目立つ箇所がのっぺりしているので効果的だと思います。
10式ディティールアップ01 10式ディティールアップ02
フックはまだしもボルトは伸ばしランナーの輪切りを使用しているのでルーペを使っても厳しかったです。
乱視&老眼も進んできているので模型製作用のメガネが合わなくなってきたみたい、ジジイになったと実感しますな。
ちなみに「1/48でフックをちゃんと作る奴はいないだろー」って思っていたら、居ましたよ!すごい人が居るもんだ。

塗装は最近色々な技法が紹介されていますが、いつも通りのサフ~シャドー吹きです。ここから影をキツメにグラデかければB&W法になるのかな?
迷彩は塗装図とにらめっこしながら筆で下書きを入れてから0.2エアブラシで茶色から塗っています。全体に茶→緑だとせっかくのシャドーが消えてしまうので、きちんと2色塗り分けています。
珍しくこの段階でフィギュアも塗っています。1/48なのに日本人に見えるって凄い!この車長さんネオジム磁石で取り外し可能、ハッチも可動式になっています。
10式車長 10式迷彩下書き

カラーは調色で作ろうとしましたが、ネット上の写真を見てもどれも色味が違うので、失敗しないためにクレオスの自衛隊カラーを使用しました。ビン生だと1/35にはちょうど良いかもしれませんが暗いので彩度が下がらないように調色はしています。タミヤアクリルカラーの自衛隊色の方が好みなんですが、アクリルなんか苦手で・・・
そして悲劇発生、基本塗装も終わりスミ入れをしていたら車体を落としてしまい塗料皿をひっくり返して塗料がバシャーと車体に・・・気を失いそうになりましたがキムワイプで掛かった塗料を拭き取り、塗装ブースに1晩入れてからスポンジやすり&1500番のペーパーで何とか補修することが出来ました。
10式は細かいモールドがほぼ全面に入っているのでこんなとき大変です。IS-2ならよかったのに・・・1/48特有のウエイトが悲劇を拡大しているので、完成してから取り付けましょう。(10式は後ハメ可)
10式大惨事 10式修正完了
ちなみにこの後のクリアー吹きでもエアブラシのカップ蓋を付け忘れて車体上部にクリアーをたっぷりぶちまけました。窓から捨てたい衝動に駆られましたが、溜まったクリアーをエアーで散らしてから塗装ブースでしっかり乾燥させることで回避できました。こんなミスするなんて2年のブランクは思ったより大きかったのか?塗装ブースなかったら完成してませんでしたな。

現用MBTなのでチッピング無し、軽い砂埃程度に留めました。それでも自分の中ではやり過ぎたと思っているのに写真になるとアッサリして見えるんですよね。もう少しメリハリ付けたほうが写真映えするのでしょうが、台無しになりそうで中々手が出ません。
初めてMrウエザリングカラー&ペーストを使用しましたが、最近の模型マテリアルの充実ぶりはすごいですね。もっと早く使いたかった、コントロールもしやすくて最高です。
10式ウエザリング 10式ホログラムフィルム貼り付け
キューポラ等の窓には現用MBTっぽくハセガワのホログラムフィルムを張り付けています。最初黒を下地に塗ってから張り付けたら結構光を拾ってギラギラになってしまい、黒を落として再度張りなおしています。それでも悪目立ちしすぎる気もしますが、模型的な見栄え優先ということで・・・

久々の完成品、やっぱ模型製作は楽しい!完成写真は後でまとめます。
それではまた(^q^)



   

スポンサーサイト

戦術機バラライカ製作中(その2)

進んでいるような、いないような微妙な進展具合のバラライカです。

F110エンジン01 F110エンジン02
跳躍ユニットのエンジンノズルにお鍋の蓋のようなものが付いているのですが、設定画やTVで確認しても詳細が不明なので、ここは実機のF110エンジンを参考にジャンクパーツとプラバンでそれっぽく作ってみました。
(ジャンクパーツは1/48タミヤMMパンターのヒーターユニットを使用)
F110エンジン03
奥行きとかアイリス板の間隔とか色々アレですが、お鍋の蓋よりはそれっぽくなったかな。

いよいよサフ吹き開始、今回はバレンタインデーにちなんでクレオスのマホガニーサーフェイサーを使用しましたw
サフ吹き01
サフ吹き→傷発見!→#600ペーパーで修正→サフ吹き→修正を繰り返してやっとお楽しみの塗装編に突入です。

それではまた(^q^)

  


戦術機バラライカ製作中(その1)

かなりの期間放置してしまいましたが生きております。
実は去年から家を建てる事になり、連日の打合せで趣味に時間を割くことが出来なくなってしまったからなんですよ。

建設中の写真ですが、小さいながらもガレージと模型部屋は家長権限で確保しました。
部屋は繋がっているので、バイク整備しながらプラモが作れるw
ガレージ01 ガレージ02
模型部屋は窓の下に換気扇を設置して、長時間の塗装にも対応出来るようにしています。
また混合水洗もつけたので、水研ぎし放題w
問題は溜まりに溜まった「罪プラ」置き場の確保が厳しいこと、半分は放出しないと駄目かも・・・・

ちなみに忙しいと言いつつ日帰りツーリングはシッカリ行っていました。
MT07日光04 MT07芦ノ湖スカイライン12
「欲しがりません建つまでは!」のスローガンのもと大緊縮令が出ているので、カスタムは当分お預けです(´・ω・`)

さて本題、年末から作りたいキットが続々発売され、塗装前まで出来上がると次のキット発売→作成→キット発売の繰り返しで、結局どれも中途半端な状態です・・・
タコとガンダム ファルコン号

そんな中現在作成しているのが、現在放映中のシュヴァルツェスマーケンに出てくる戦術機バラライカ、第一世代戦術機好きとしては作品良く知らないのに買っちゃいました。撃震とファントムも頼みます!コトブキヤさんm(__)m
バラライカ正面01 バラライカ正面02
キットは殆ど組み終わって、あとは洗浄してサフ吹きするところまで終わっています。シンプルなデザインなので整形も楽でした。
プロポーションは若干足が長い気がするんですが、写真で見ると気になりませんね。
後ハメ化が必要な箇所も他の戦術機と同等で、特に難しい所は有りません。
シールドが重くて下を向いてしまうので、グリップに回り止めを付けて固定しています。
バラライカ背面01 バラライカ兵装担架
ところで兵装担架はなんでこんなに大きさ違うの!?(奥のはスーパーホーネットのパーツ)
今までコトブキヤ戦術機キットの兵装担架はほぼ同じ物だったのに、あえて変えてきたということは第一世代機はこの大きさで正解?よく見るとアームの形状も違うので流用するなら一部スクラッチして、突撃砲のマウント位置(固定ピン)も修正しないとダメだから・・・おとなしくキットのままで行きますw

塗装はキット化発表の時からやろうとした方法&塗料を使用していこうと思っています。
それほど大したことする訳ではないのですが、次回のお楽しみってことで。

それではまた(^q^)



戦術機 ラプター制作中その4

「TINAMI」でおこなっているコトブキヤ戦術機プラキット・コラボレーション『ブルーフラッグ』に参加すべく、
ラプターを全力で制作していましたが、力及ばず完成しませんでしたorz
ラプター未完成01

ラプター未完成02
期間内には終わる算段だったのですが、突撃砲の塗り分けや、デカールを何処に何を貼るか悩んだりしているうちに
あっという間に23:00になってしまい、慌てて撮影したのが↑の画像です。
辛うじて形にはなったのですが、細かいところの塗装が終わっていません。

慌てて制作していたので制作途中の画像をあまり撮っていないのですが、今日までの制作記です。

今回は出来るだけステルス機の特徴を盛り込みたいと考え、実機のラプターのように本体色にメタリックを入れて
ステルスコートを再現するのと、F-35のようにパネルラインに明るい色を入れることを考えていましたが、
何度ジャンクパーツでテストしてもしっくりこないので今回は見送ることへ・・・
エースコンバット 震電 2 「ケイ・ナガセ カラー」 F-35実機
結局残ったのが、最近マイブームの換気扇フィルターを使用しての基本色塗装なんですが、
↑画像の機体表面テクスチャーなどを参考にしています。

フィルター塗装02 フィルター塗装03
左から基本色を全体に塗装→フィルターで明るい色を塗装→パネルラインなどに基本色より暗い色を細吹き→
以下、細かい調整を繰り返し行いました。(前作のラビドリードッグよりも明度の差を付けています)

頭部センサー01 頭部センサー02
頭部のセンサー類はベアリング球を埋め込み。目にあたる個所は0.5mm、額と頬は0.7mm、肩は1.2mmを使用。
無くしても良いように少し多めに塗装しましたが、案の定3個ほど無限の彼方に飛んで行きましたw

ares-tavor-tar21-tan_20140602095023c85.jpg 突撃砲02
突撃砲のカラーはチェルミナートルの時と同じく実銃を参考に塗り分けました。(名前忘れましたがかなり似ている!)
合わせ目などは0.14mmプラ板に塗装したものを接着、お手軽に塗り分けと合わせ目隠しが出来て良いです。
この箇所は放熱スリットを入れたプラ板を貼る予定でしたが、どうしても精度が出なくて断念。

突撃砲03 突撃砲04
突撃砲のセンサーはマスキングテープに塗装した物を切り出して貼り付けています。ムラ無く綺麗に出来るので、
戦術機制作では定番になっています。テプラなど表面がツルツルなテープも試してみたのですが、粘着力が強すぎ、
テープの腰が強すぎ、塗料の乗りが悪いなどで結局マスキングテープに落ち着きました。
ナイフシースのアームの塗り分けも出来るだけ頑張って行いました。時間が無かったので基本色塗装以外は筆塗りですが、マスキングでやっていたら未だに形にもなっていなかったでしょうw

近日中には完成予定です。それではまた(^q^)

マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス F-22A ラプター先行量産型 インフィニティ―ズ仕様 (NONスケール プラスチックキット)マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス F-22A ラプター先行量産型 インフィニティ―ズ仕様 (NONスケール プラスチックキット)
(2014/01/21)
壽屋

商品詳細を見る


戦術機 ラプター制作中その3

久しぶりのラプター制作再開です。
現在「TINAMI」で「猛毒林檎少年」さんが主催している
コトブキヤ戦術機プラキット・コラボレーション『ブルーフラッグ』
ブルーフラッグ告知
コンペの類に参加したことが無いのですが、今回参加させて頂きました。
現時点でも結構な数の戦術機が投稿されているので、気になった方は是非覗いてみてくださいm(__)m

そんな「ブルーフラッグ」の募集期間が延長したこともあって、
前回サフ吹き直前迄と言っていたのに、色々気になる所をチマチマ修正していました。
[ラプター]肩面出し [ラプター]肩比較
言わないと気が付かないレベルの修正ですけど、募集期間的にラプターの投稿が一番多いでしょうし、
もうすでに完成&投稿されている方もいるので、いつも以上に頑張っていますw
[ラプター]兵装担架01 [ラプター]頭部カメラ01
面倒な兵装担架の合わせ目消しや、頭部カメラに細工をしてみたり(電飾に非ず)
パーツの洗浄も終わり、いよいよ塗装です。

今回のラプターはインフィニティーズ仕様で行くと決めたのですが、塗装プランが中々決まりませんでした。
チェルミナートルはあの迷彩を再現するだけで十分インパクトが有りましたが、ラプターは基本単色、
塗装図通りに塗っても地味な印象なので一工夫欲しいところ・・・
インパクトと面の密度を上げるのにスプリッター迷彩も考えましたが、細かい面が多いこの機体では効果が今一な気がして却下、とりあえず正攻法+小技?で行くことにしました。(面倒だとも言いますが)
[ラプター]塗装図 [ラプター]色見本01
塗装図を参考に手持ちのカラーから候補の色をジャンクパーツ(娘のポケモンw)に塗ってみて確認してみます。
決定したのが以下のカラーです。多少混色しますがビン生で塗っていきます。
[ラプター]ダークブルー01 [ラプター]グレー1

[ラプター]サフ色々 [ラプター]関節色
見事にガイアノーツっていうかバーチャロンカラーばっかりw さりげなく新製品も実戦投入してみます。

前作のラビドリードッグで色々やってみたのに思うような効果が得られなかった失敗を教訓に、
今回は出来るだけ無駄を省いて仕上げて行きたいと思います。

それではまた(^q^)

マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス F-22A ラプター先行量産型 インフィニティ―ズ仕様 (NONスケール プラスチックキット)マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス F-22A ラプター先行量産型 インフィニティ―ズ仕様 (NONスケール プラスチックキット)
(2014/01/21)
壽屋

商品詳細を見る



プロフィール

kazu23

Author:kazu23
kawasakiを愛するYAMAHA XSR900乗りです。
趣味のことをダラダラと、
模型・バイクの話題が中心です。

投稿しています
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。